猪瀬都知事が徳洲会から5千万円借りたのがマズいわけ

猪瀬都知事が、徳洲会から都知事選前に5千万円借りてたとして問題になっています。

選挙運動費用収支報告書には収入として猪瀬氏自身からの3千万円と、猪瀬氏の関連団体「東京を輝く都市にする会」からの50万円の計3050万円の記載しかない。
収支報告書に記載なし

「あくまで個人として借り入れた」と強調、借用書もある借り入れだと言い張った。
強気一変、しどろもどろ

徳洲会は今年9月、衆院選を巡る公職選挙法違反(買収)容疑で東京地検特捜部などの強制捜査を受けたが、知事側はその後に全額を返したという。
徳洲会、猪瀬氏側に5000万円強制捜査後に返却

資金提供というかたちで(選挙を)応援してもらうことになった」→「選挙に使うつもりはなかった」。5000万円の趣旨について問われ、説明を一転させた
「今年9月に鈴木(重雄)特別秘書に返済を指示した。彼は選挙運動の責任者だったが、僕が借用していることは知らなかった」
 --借金の事実を知っていたのは
 「僕と妻だけ。選挙費用に使った場合には、政治資金収支報告書に書くつもりだった」
 --資金を受け取ったのは立候補後か
 「記憶がちょっとはっきりしない」
「(選挙の)資金提供」→「使うつもりなかった」

 

何がいけなかったのでしょうか?

 

収支報告に載せてなかった

まず、これです。
これに載せてたら、今のところ、借りた先が悪かったなあくらいの問題だったかもしれません。

選挙の後、だいたい2週後までに選挙費用の収支報告を提出します。公職選挙法という法律で規定されている義務です。
所轄の選挙管理委員会に提出しますが、一番上の責任者は総務省です。
選挙管理委員会は、「善意で」間違いがないようにこってり指導してくれます。提出することに関与するだけで、この書類の内容に関して責任は無く、取り締まる権限もありません。何か不正があったときに調べるのは警察です。

提出した内容に関する責任は出納責任者が負い、問題があった場合は逮捕される可能性もあります。

問題があるときに責任を問われる出納責任者は、通常は本人ではありません。しかし、「借金の事実を知っていたのは、夫婦だけ」と発言していますので、本当だとすると出納責任者にも隠していたことになり、普通の感覚だとかなり怪しいお金と考えざるを得ません。

収支報告書は、開示の請求があると法律によって開示されます。誰が請求しても開示されるはずです。不正を監視するためのシステムだと思います。

 

収支報告書作成のための手引です。
IMG 3773 2

個人事業主の申告よりもかなり大雑把な感じです。
しかし、寄付などによる収入と、公費に関係する支出は特にうるさく、かなり正確に書かないといけません。

今回は、告示日直前に借りたお金ということで、「選挙に関係した用途」ならば借入金(赤丸の部分)として記載しないといけませんでした。

「寄附」の場合は、その旨記載の必要がありますが、そもそも猪瀬候補者に対する個人への献金は、献金する側の立場が個人の扱いで上限が年間150万円、企業からの扱いだとしたら一切禁止されています。ですから、5千万円の資金提供を受けたという最初の説明は、完全に法律に違反しています。

ほんとうに「選挙に関係ない」なら、選挙の収支報告に記載の義務はありませんが、最初の説明のように「資金提供」されたなら政治家に対する寄附ですから上記のように完全に違反です。「借りた」としても、告示の直前に借りたお金が個人的な使途というのは著しく不自然に思えます。

借りたお金と、選挙の資金として出した3千万円の自己資金との意味合いがどう違うのか、説明できるのでしょうか。
普通に考えれば、個人的な資金を5千万円も借りないといけなかったなら、選挙資金として3千万円もお金を出すことが出来るはずがありません。結局、流用したのではないかとなります。
だいたいにおいて、政治家は個人事業主と言われます。個人事業主ならば、事業資金と個人のお金の区別はありません。
そう考えれば、個人的な用途という申し開き自体がすでにおかしい感じがします。

かなり善意で考えるとすれば、もしものときの資金として手元に置くために借りたとなるのでしょうし、本人もそう説明しようとしているようです。しかし、そうなるとやはり選挙用に資金を調達したことになり、苦しいと言わざるを得ません。

 

借りた理由、借り方が不明瞭

選挙資金として借りたとしたあとに、やっぱり違いますみたいになってますが、収支報告の関係が出てきたので、選挙資金とするわけにいかず困ってしまったわけです。

しかし、50000000円!!!これだけゼロがつくとやっぱり見づらいですね〜。5千万円ものお金を借りて、使い道も無くて、いつ借りたか覚えてないって。それはちょっとあまりに不自然です。無利息無担保って、ありえないです。

返済が、徳洲会に特捜部の捜査が入ってからっていうのもたいへん印象が悪い。
返すつもりがほんとうにあったのかという話になります。

 

借りた先が利権の絡む団体だった

猪瀬直樹都知事が副知事だった時代には、グループが開設した老人保健施設に都が約7億5千万円の補助金を支出していた。
徳洲会施設に補助金7億5000万円

もしこれが関係してくると、一番まずいことになりそうです。
猪瀬氏が副知事時代に7億5000万円もの補助金が都から支払われている。
これに万が一関係していたら、完全に贈収賄です。
いったいいつから世話になってたのか?

そもそも、5千万円が無利子ですから、このことだけでも相当な便宜供与になってきます。
医療の許認可権を持つ知事になるのがわかった上でということになりますので、徳洲会から借りたこと自体が事前買収にあたる疑いもあります。

 

さて、とりあえずは、「収支報告に載せるべきでした」と、その部分だけ認めるしかないのではないかと推測するわけですが、ちょっと今までの報道からの印象は真っ黒ですね。
猪瀬さんのクリーンなイメージからしてもかなりイタイ。政治って、関わるとやっぱりこんなことになるのかということに。また政治不信になっちゃう。

問題の本質が選挙制度にあって、選挙にほんとうにお金がかかることが問題なのだとしても、それは別の問題ですからね。
まったくもって困ったものです。

 

猪瀬直樹

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海老沢由紀プロフィール

活動情報はLINEとTwitterで発信します

友だち追加
メールマガジン登録はこちら 海老沢由紀メルマガ
受動喫煙防止ロゴマーク
PAGE TOP