日本の政治を更地に

わたしには小学生の息子がいますが、大人には理解不能の屁理屈をこねてきます。 今の政局を見ると、政治家は子どもでも使わないような屁理屈を言っています。 毎日詭弁による茶番を繰り返しているのを見るにつけ、現在の政治には、ほとほとあきれ果ててしまいます。早くこの人たちを追い出さないと、いつまでも何も変わりません。

今の日本の統治システムは、建て直しが必要になった建物です。 昭和の時代は大変良いもので、ずっと住民の役に立ってきましたが、老朽化し、住民の要望や必要とする機能も変わったのです。

建て直しをしようとしていますが、なんだかんだと屁理屈をこねて、何もせずに居座っている人がたくさんいて、工事が進みません。 後に何が建つのかはっきり決まっていなくても、それをいつまで話していても、ずっと何も解決しなかったし、今後もしないでしょう。 以前は、建て直しではなく改修を主張する人もいましたが、何も変わらないまま長い時間が流れ、そういう時期も終わったと思います。 今の建物が機能していない事は明らかなのですから、出来るだけすみやかに壊して、まずは更地にする事が必要でしょう。

建物はプロの建築会社(政治家)にずっと管理を任せてきました。 そして2005年、建て直しを強く主張した親方に「すべてを一任する」という決断を、選挙によって、圧倒的多数で行ないました。小泉政権です。

しかし、その親方が「あとは任せた」と言っていなくなると、また話をふりだしに戻そうとする人たちが次々と出てきて、また工事は一向に進まなくなってしまいました。   2009年に、とうとう国民は、長い間辛抱して待ち続けた自民党の工事をあきらめました。思い切って民主党という別の建築会社に変える決断をしたのです。   ところが、驚くべきことに、新しい建築会社までもが、言った事を全く実行しないまま、一向に工事は進まなかったのです。 古い建物は残ったままです。さすがにこれには、みんなが驚き、落胆しました。

今のままプロに任せていては、工事が一向に進まないことは明らかです。 何かと理由を付けて妨害している人たちに立ち退いてもらい、取り壊しを進める為に、いよいよ近所の主婦たちまでもが自ら出て行かないといけないような状況になっているのです。素人ですが、自力で少しでも工事を進めます。

テレビの前でじっと我慢しているのは、そろそろ終わりにしたいと思いました。 選ぶべき建築会社も他にありません。 わたしは自分で建物に入り、邪魔している人をひとりでも押さえつけて排除したいと思います。 日本の政治を更地にします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海老沢由紀プロフィール

活動情報はLINEとTwitterで発信します

友だち追加
メールマガジン登録はこちら 海老沢由紀メルマガ
受動喫煙防止ロゴマーク
PAGE TOP