海老沢由紀

元プロスノーボーダー・政治活動家の海老沢由紀です。

アゴラ「言論アリーナ」で新番組が始まります。政界one-eighty(180°)2014年3月27日号(第16号)

 4月10日号の内容です。

 1 新番組のお知らせ

 2 来週はアメリカに行きます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 新番組のお知らせ
———————————————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日、アゴラ「言論アリーナ」で新番組が始まります。ブロゴスなどで人気の
元経産省ブロガー宇佐美典也さんと一緒にMCをさせて頂くことになりました。

第1回の放送は4月10日木曜日今夜19時からです。
隔週の木曜日に、ゲストを招いて下世話な話から真面目な話まで、ちょっとバ
ラエティーっぽく、楽しく放送していきます。

今夜のゲストは、渦中のみんなの党から、都議会議員の音喜多駿さんをお招き
します。8億円問題について、ぶっちゃけ色々聞いてしまおう!という企画です。

渡辺さんは、DHC会長から2010年参院選前に3億円、2012年衆院選前に5億円
を借り入れ、この借り入れについて「あくまで個人的な借り入れで違法性はな
い。報告する必要もない」と主張されています。

政治家の収支報告書は2種類あります。
ひとつは、政治資金収支報告書。これは、政治資金規正法に基づき、1年間の
政治活動における支出や収入を報告するものです。
ふたつめは、選挙運動収支報告書です。公職選挙法に基づき、選挙期間中に選
挙運動に使われた資金を報告するものです。

渡辺さんは、政治資金収支報告書については、「政治家がポケットマネーで政
治活動をすれば報告する必要がない」。選挙運動収支報告書については、「自
分の選挙費用ではないので、収支報告書に記載する必要ない」と説明されてい
ます。

しかし、自分のポケットマネーであっても、政治家は自分の政治団体に寄付と
いう形式をとり、その出入りをきちんと報告書に記載することが一般的です。
政治資金規正法は、「政治団体や公職の候補者による政治活動が、国民の不断
の監視と批判の下に行われるようにする」ためのものです。法律の趣旨からし
ても、8億円の借金の使途は公開するべきでしょう。

また、自分の選挙に使っていないとしても、もしみんなの党の候補者に配分さ
れ、選挙に使ったのなら、候補者がそれぞれ「寄付」として選挙運動収支報告
書に記載する義務があります。

今回の問題について、みんなの党所属議員から渡辺さんを擁護する声が多数聞
かれます。
松田公太参議院議員は、有権者が「裏を読む。真実を探す」癖を付け、リテラ
シーを高めるべきだと言っています。有権者が騙されているのです。もっと勉
強してよく考えてくださいと、責任を転嫁した論調です。

法的には問題なかったとします。それでも、普通の人の感覚からすると、何も
なしに8億円貸しますか?借りますか?という話でしょう。そして、何らかの
圧力がかかる可能性は十分想像できるはずです。

銀行も一般的には選挙資金として融資してくれません。
返済のリスクが大きな資金は、貸すとしても利息が高くなって当然です。
今回の渡辺さんの利息は0.5%ということですが、不動産を担保にしたとして
も、ありえない低金利です。便益を受けていると言わざるをえません。

代表を辞任することになったわけですが、これからみんなの党は消滅するのか、
野党再編の方に動くのか、どうなっていくのでしょう。
「これからもみんなの党として頑張っていく」と宣言しているおときた都議に
聞きづらいことも、どんどん質問したいと思っています。

放送中はみなさまからのコメントも、なるべくひろっていきたいと思っていま
す。ぜひ、たくさんのコメント、質問をお寄せ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 来週はアメリカに行きます
———————————————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来週は、アメリカのシアトルとラスベガスに行ってきます。
スノーボードの現役選手の頃に、通算27回渡米したのですが、10年ぶりの海外
にちょっと緊張しています。

今回のアメリカは、世界のソース王、TV番組でもお馴染みの吉田ソース創業者、
吉田会長にお招き頂きました。シアトルで、吉田会長と一緒に対談形式の講演
会をさせて頂きます。

吉田会長との出会いはスノーボードの大会でした。スノーボードクロスで日本
チャンピオンとなり、アメリカの大会に招待された時、その大会を主催してい
たのが吉田会長でした。
講演では、当時の吉田会長との出会いから、選手時代、そして衆院選への出馬、
仕事と育児のことなど、アメリカ在住の日本人の方々向けにお話をさせて頂き
ます。

講演の後は、ラスベガスで本場のカジノを視察する予定です。
わたしは賭け事は一切しませんが、日本でも「カジノ合法化」について様々な
議論が盛り上がってきました。そういう意味で興味がありますので、楽しみに
しています。

「統合型リゾート(IR)」という言葉が頻繁に聞かれます。IRとは、カジノを中
心にホテル、レストラン、ショッピングモール、国際会議場・展示施設、劇場、
映画館など様々な商業機能をもつ施設が一体となった複合観光施設のことです。

カジノにはいわゆる賭博=悪いという印象がつきまといます。日本が目指して
いるカジノ合法化は単純な賭博施設ではなく、まさにこのIRで、経済の活性化・
観光振興、雇用や税収入を目的する構想です。
このような「統合型リゾート」はラスベガスで生まれ、世界中に広がって行き
ました。そのラスベガスの現在を、実際に体験したいと思います。また、レポ
ートさせて頂きます。

そういえば、アメリカへの入国制度が変更されていたのですね。旅行会社の方
からアメリカに入国する前には事前に「電子渡航認証」を受けないと入国でき
ないと教えて頂きました。ちょっと前まで全然知りませんでした。危なかった
です。

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント